利用規約


TRENDE株式会社(以下「当社」)が運営するWEBサイトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。本WEBサイトの閲覧・利用においては、下記内容をご確認のうえ、同意された場合のみご利用くださいますようお願いいたします。
また、下記内容につきましては予告なく変更させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

1.著作権

本WEBサイトにおける情報(文章、イラスト、ロゴマーク、写真、動画、音声等、それらを含む全て)の特許権・著作権・商標権その他の知的財産権は、当社または第三者が所有しております。
個人的な利用など著作権法によって認められる場合を除き、著作権者の事前の許可なく、これらの情報を利用 (転用、複製、印刷、ダウンロード、改変、配布、公衆送信等を含む) することを禁止します。
他社商標やソフトウェアなど、第三者が保有する特許権・著作権・商標権その他知的財産権については、それぞれの権利者の指定する使用条件・許諾条件に従うものとします。

2.免責事項

本WEBサイトに掲載されている情報は、正確性および完全性を保証するものではありません。当社は、お客さまが本WEBサイトに含まれる、情報もしくは内容をご利用したことで生じた、いかなる損害および損失に関して一切責任を負いかねます。
また、当社は予告なしに、本WEBサイトに掲載されている情報を変更することがあります。

3.リンク

  1. 本WEBサイトへのリンク
    本WEBサイトへのリンクは、以下に該当しないものに限り、原則として自由(リンクフリー)とし、リンクを設定する際のご連絡は不要です。ただし、当社の趣旨に合わない場合、当社の事業や信用を害する恐れがある場合など、以下に該当しない場合でもリンク設定方法の変更やリンク削除をお願いすることがあります。
    • 当社ならびに従業員、または他社(者)・他団体を誹謗中傷や信用失墜を意図する内容を含んだサイト
    • アダルトコンテンツを含んだサイト
    • 公序良俗および社会倫理に反する内容を含んだサイト
    • 違法・または違法な可能性を有するコンテンツを含むサイト
    • 違法・または違法な可能性を有する活動に関わるサイト
    • いわゆるフレームリンクといった、当社のウェブサイトであることが不明確になるなど、第三者に誤解を与える可能性があるサイト
    なお、本WEBサイトにリンクしている、各リンク元のウェブサイトに記載されている内容については一切の責任を負いかねます。また、本WEBサイト内のURLは、予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  2. 本WEBサイトからのリンク
    本WEBサイトからリンクを張っている、当社が運営および委託している以外のWEBサイトは、それぞれの法人又は個人の責任において管理・運営されており、当社の管理下にあるものではありません。
    当社は、リンク先のWEBサイトの内容について、また、お客さまがリンク先のWEBサイトをご利用になったことにより生じた、いかなる損害および損失についても一切責任を負いかねます。リンク先のWEBサイトは、そのWEBサイトが掲げる条件に従い、お客さまご自身の責任においてご利用ください。

4. クッキー(Cookie)の利用

本WEBサイトのご利用にあたって、お客さまの利便性向上、掲載内容の最適化、第三者広告配信事業者への広告配信などにクッキー(Cookie)を利用しています。
Cookie情報には、お客さまの氏名、ご住所、電話番号など個人を特定する情報は一切含まれておりません。また、お客さまのコンピューターへ悪影響を及ぼすことはありません。
なお、ブラウザーの設定をお客さまが操作することで、クッキー(Cookie)の受信を拒否することが可能です。その場合においても、本WEBサイトの閲覧、利用に支障を来たすことはありません。

5.個人情報の取り扱い

本WEBサイトをご利用になるお客さまの個人情報のお取り扱いについては、個人情報保護方針をご覧ください。

6.推奨環境

  1. 推奨OS・ブラウザ
    本WEBサイトでは、より安全で快適にご利用いただくために以下のOS、ブラウザを推奨いたします。
    • 推奨OS
      パソコン Windowsの場合:Windows 7/8.1 以降
      Macの場合:Mac OS 10.8 以降
      Android Android 2.3.3 以降
      iPhone iOS 7 以降
      iPad iOS 7 以降
    • 推奨ブラウザー
      パソコン Microsoft Internet Explorer 11 以降
      Google Chrome /Mozilla Firefoxは、最新版を常時ご利用ください。
      Android Google Mobile Chrome の最新版を常時ご利用ください。
      iPhone Mobile Safari、Google Mobile Chrome
      iPad Mobile Safari、Google Mobile Chrome
  2. JavaScript
    本WEBサイトでは、より快適にご利用いただくため一部のコンテンツにおいてJavaScriptを使用しています。 ご使用のブラウザ設定においてJavaScriptをオン (有効) にされていない場合、JavaScriptが利用できない環境、ブラウザのセキュリティレベルが高く設定されている場合に、ページが正しく表示されないまたは操作ができない場合がありますのでご了承ください。
  3. SSL
    本WEBサイトでは、個人情報のセキュリティ確保のために一部のページにてSSL(Secure Socket Layer)を利用しています。これにより、お客さまの個人情報は暗号化されて送受信されますので、安心してご利用いただくことができます。なお、ブラウザが対応していない場合や、オフィスなどからファイアウォールを通して接続されている場合は、ページが表示されない場合があります。

準拠法および管轄裁判所

本WEBサイトのご利用に関しては、別段の定めのない限り、日本国の法律に準拠するものとします。訪問されたお客さまの自由意志によるものとし、本WEBサイトのご利用に関しての責任は訪問されたお客さまにあるものといたします。
本WEBサイトのご利用に関わる全ての紛争については、別段の定めのない限り、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とするものとします。

制定日 平成30年3月1日

個人情報の取り扱いについて


TRENDE株式会社(以下「当社」)は、個人情報を適正に取り扱い、その保護を図ることが重要な社会的責務であると考え、この責務を果たすために、個人情報を以下の方針に従って適切に取り扱ってまいります。

1.個人情報保護に関する法令および規律の遵守

当社は、個人情報の取扱いについて定められた法令、関係省庁のガイドライン、社内規程等を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

2. 個人情報の取得および利用

個人情報の取得にあたっては、適法かつ公正な手段および手続によることとし、取得した個人情報は、当社の業務を適切かつ円滑に運営するために必要な範囲内において利用いたします。なお、電話での各種お問い合わせに際して、応対品質の向上のため、通話内容を録音させていただく場合があります。

3.個人情報の利用目的

当社が取得する個人情報は、以下の目的のために利用いたします。
当社が保有する個人情報につきましては、定款記載の事業において、契約の締結・履行、アフターサービス、設備等の保守・保全、アンケートの実施、商品・サービスの改善・開発、商品・サービスに関する広告・宣伝物の送付・勧誘・販売、関係法令により必要とされている業務その他これらに付随する業務を行うために必要な範囲内で利用させていただきます。

4. 個人情報の共同利用

個人情報を第三者との間で共同利用し、または、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合には、共同利用の相手方および第三者に対し、個人情報の適正な利用を実施するための監督を行います。

【電気契約の託送申込みおよび小売電気事業者の変更等に関する利用】

  1. 共同利用する者の範囲
    当社は、以下の者との間でお客さまの個人情報を共同で利用することがあります※1
    • 小売電気事業者※2
    • 一般送配電事業者※3
    • 電力広域的運営推進機関
    • 需要抑制契約者※4
  2. 共同利用の目的
    当社は、上記(1)の「共同利用する者」との間で、以下の各号の目的でお客さまの個人情報を共同利用いたします。
    1. 託送供給契約又は電力量調整供給契約(以下「託送供給等契約」といいます。)の締結、変更又は解約のため
    2. 小売供給契約(離島供給及び最終保障供給に関する契約を含む。)又は電気受給契約(以下「小売供給等契約」といいます。)の廃止取次※5のため
    3. 供給(受電)地点に関する情報の確認のため
    4. 電力量の検針、設備の保守・点検・交換、停電時・災害時等の設備の調査その他の託送供給等契約に基づく一般送配電事業者の業務遂行のため
    5. ネガワット取引に関する業務遂行のため
  3. 共同利用する情報項目
    当社は、上記(1)「共同利用をする者」との間で、以下の各号の情報を共同利用いたします。
    1. 基本情報:氏名、住所、電話番号及び小売供給等契約の契約番号
    2. 供給(受電)地点に関する情報:託送供給等契約を締結する一般送配電事業者の供給区域、離島供給約款対象、供給(受電)地点特定番号、託送契約高情報、電流上限値、接続送電サービスメニュー、力率、供給方式、託送契約決定方法、計器情報、引込柱番号、系統連系設備有無、託送契約異動年月日、検針日、契約状態、廃止措置方法
    3. ネガワット取引に関する情報: 発電販売量、需要調達量、需要抑制量、ベースライン
  4. 共同利用の管理責任者
    1. 基本情報:小売供給等契約を締結している小売電気事業者(但し、離島供給又は最終保障供給を受けている需要者に関する基本情報については、一般送配電事業者)
    2. 供給(受電)地点に関する情報:供給(受電)地点を供給区域とする一般送配電事業者
    3. ネガワット取引に関する情報: 需要抑制契約者
  1. 当社は、共同利用の目的のために必要な範囲の事業者に限定してお客さまの個人情報を共同利用するものであり、必ずしも全ての小売電気事業者、需要抑制事業者及び一般送配電事業者との間でお客さまの個人情報を共同利用するものではありません。
  2. 小売電気事業者とは、電気事業法(昭和39年7月11日法律第170号)第2条の5第1項に規定する登録拒否事由に該当せず、小売電気事業者として経済産業大臣の登録を受けた事業者(電気事業法等の一部を改正する法律(平成26年法律第72号)の附則により、小売電気事業者の登録を受けたとみなされた事業者を含みます。)をいいます(事業者の名称、所在地等につきましては、資源エネルギー庁のホームページをご参照ください)。
  3. 一般送配電事業者とは、北海道電力株式会社、東北電力株式会社、東京電力パワーグリッド株式会社、中部電力株式会社、北陸電力株式会社、関西電力株式会社、中国電力株式会社、四国電力株式会社、九州電力株式会社及び沖縄電力株式会社をいいます。
  4. 需要抑制契約者とは、一般送配電事業者たる会員との間で需要抑制量調整供給契約を締結している事業者(契約締結前に事業者コードを取得 している事業者を含みます)をいいます(事業者の名称、所在地等については、電力広域的運営推進機関のホームページをご参照ください)。
  5. 「小売供給等契約の廃止取次」とは、お客さまから新たに小売供給等契約の申込みを受けた事業者が、お客さまを代行して、既存の事業者に対して、小売供給等契約の解約の申込みを行うことをいいます。

5.個人情報の第三者への開示および提供

当社は、「個人情報の利用目的」のために利用する場合、「個人情報の共同利用」のために利用する場合、及び以下のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示および提供いたしません。

  • ご本人の同意がある場合
  • 人の生命・身体または財産の保護のために必要な場合であって、緊急を要するなど、ご本人の同意を得ることが困難である場合
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  • 事業の承継に伴って個人情報を提供する場合
  • 利用目的の達成に必要な範囲内において、業務委託先に開示または提供する場合。なお、この場合は、個人情報の取扱いに関する契約の締結等により、当該業務委託先において個人情報の適切な取扱いが確保されるよう必要かつ適切な監督を行います。
  • その他法令等に基づき第三者に対する開示または提供が認められる場合

6.個人情報の管理

当社は、個人情報の漏えい、滅失、き損または不正アクセス等を防止するために必要な措置を講じ、個人情報の適切な管理を行います。
また、利用目的の達成に必要な範囲内において、当社の保有する個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

7.個人情報の開示・訂正等について

個人情報について開示を希望される場合には、当社は、ご本人からのお申し出であることを確認したうえで、法令等に基づき、速やかに開示するよう努めます。ただし、次のいずれかに該当する場合には、開示できないことがあります。

  • 第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  • 当社の業務運営に著しい支障を及ぼすおそれのある場合
  • 法令等に違反することとなる場合
  • 当社の定める手続に従って開示のお申し出をいただけない場合

また、当社が保有している個人情報の内容が事実と相違している場合等については、ご本人からのお申し出に基づき、当社の業務運営上必要な範囲内において訂正、削除等の対応をさせていただきます。

制定日 平成30年3月1日

お問い合わせ窓口

お客さまの個人情報に関する開示等の請求およびお問合わせについては、以下をご参照ください。
https://ashita-denki.jp/contact

特定商取引法に基づく表記について


役務提供事業者

1 事業者名 TRENDE株式会社
2 代表者 代表取締役 妹尾 賢俊
代表取締役 ジェフリー・チャー
3 住所 郵便番号:100-8560
所在地:東京都千代田区内幸町1-1-3
4 問い合わせ先 「電気の供給」に関するお問い合わせは、以下をご参照ください。
https://ashita-denki.jp/contact

役務の提供(電気販売)

1 役務の対価 料金プランごとに設定いたします。(詳細については、「電気料金プラン定義書」をご参照ください。)
2 支払方法 クレジットカード払い
3 支払期日 原則、毎月の請求料金確定日の翌日から起算して30日目の日といたします。
4 提供時期
  • 他の小売電気事業者から当社に需給契約を切り替える場合:
    お客さまのお申し込みをいただいた後、12営業日以降の日を目安といたします。なお、切替日はお客さまに通知いたします。(ただし、スマートメーターが取り付けられている場合は、5営業日以降の日を目安といたします。)
  • いずれの電力会社とも需給契約を結んでおらず、新たに電気の供給を受ける場合:
    お客さまと協議のうえ需給開始日を定め、必要な手続きを経たのち、すみやかに電気を供給いたします。
5 役務以外の負担 お客さまへの電気の供給等に伴い、工事等が必要な場合で、当社が一般送配電事業者から工事費等の請求を受けた場合には、お客さまにその費用を負担していただくことがあります。
  • その他、上記に記載のない事項については、電気需給約款をご確認ください。

注意

電気という商品の性質上、返品はできません。
非常変災その他の理由によって電気の供給を中止し、または電気の使用を制限した場合等で、それが当社の責めによらない理由によるものであるときには、当社はお客さまの受けた損害について賠償の責めを負いません。

制定日 平成30年3月1日

電気需給約款[低圧]


平成30年7月1日実施
TRENDE株式会社

I 総 則


1 適用

この電気需給約款[低圧](以下「本約款」といいます。)は,一般送配電事業者が維持および運用する供給設備を介して低圧で電気の供給を受けるお客さまに対して当社が電気を供給するときの料金その他の供給条件を定めたものです。

2 約款等の変更

  1. 当社は,お客さまの一般の利益に適合する場合のほか,一般送配電事業者の託送供給等約款の改訂その他系統連系の要件等技術的な事項または需給契約に関する手続き・運用上の取扱いについて変更が必要な場合,法令・条例・規則等の制定または改廃により約款変更が必要な場合,消費税および地方消費税(以下「消費税等」といいます。)の税率が変更された場合,燃料費の高騰等により約款変更が必要な場合,その他当社が必要と判断した場合には,本約款および5(電気料金プラン定義書による規定)の電気料金プラン定義書(以下「本約款等」といいます。)を変更することがあります。この場合,契約期間満了前であっても,料金その他の供給条件は,変更後の本約款等によります。なお,当社は,あらかじめ変更後の本約款等の内容およびその効力発生時期を当社WEBサイト上に掲載する方法その他当社が適切と考える方法により周知いたします。
  2. 消費税法および地方消費税法の改正により消費税等の税率が変更された場合には,お客さまは変更された税率にもとづいて電気料金その他の債務に係る消費税等相当額を支払うものといたします。
  3. 本約款等の変更にともない,当社が,変更の際の供給条件の説明,契約変更前の書面交付および契約変更後の書面交付を行なう場合,お客さまは,次のいずれかの方法により行なうことについて,あらかじめ承諾していただきます。
    1. 供給条件の説明および契約変更前の書面交付を行なう場合,当社WEBサイト上のお客さまのページに掲載する方法その他当社が適切と考える方法により行ない,説明および記載を要する事項のうち当該変更をしようとする事項のみを説明し,記載いたします。
    2. 契約変更後の書面交付を行なう場合には,当社WEBサイト上のお客さまのページに掲載する方法その他当社が適切と考える方法により行ない,当社の名称および住所,お客さまとの契約年月日,当該変更をした事項ならびに供給地点特定番号を記載いたします。
    3. 上記にかかわらず,本約款等の変更が,法令の制定または改廃にともない当然必要とされる形式的な変更その他の需給契約の実質的な変更をともなわない内容である場合には,供給条件の説明および契約変更前の書面交付については,説明を要する事項のうち当該変更をしようとする事項の概要のみを書面を交付することなく説明することおよび契約変更後の書面交付をしないことといたします。

3 定義

次の言葉は,本約款等においてそれぞれ次の意味で使用いたします。

  1. 低圧
    標準電圧100ボルトまたは200ボルトをいいます。
  2. 電灯
    白熱電球,蛍光灯,ネオン管灯,水銀灯等の照明用電気機器(付属装置を含みます。)をいいます。
  3. 小型機器
    主として住宅,店舗,事務所等において単相で使用される,電灯以外の低圧の電気機器をいいます。ただし,急激な電圧の変動等により他の電気の使用者の電灯の使用を妨害し,または妨害するおそれがあり,電灯と併用できないものは除きます。
  4. 契約主開閉器
    契約上設定される遮断器であって,定格電流を上回る電流に対して電路を遮断し,お客さまにおいて使用する最大電流を制限するものをいいます。
  5. 契約電流
    契約上使用できる最大電流(アンペア)をいい,交流単相2線式標準電圧100ボルトに換算した値をいいます。
  6. 契約容量
    契約上使用できる最大容量(キロボルトアンペア)をいいます。
  7. 最大需要電力
    接続供給電力の最大値をいいます。
  8. 消費税等相当額
    消費税法の規定により課される消費税および地方税法の規定により課される地方消費税に相当する金額をいいます。
  9. 再生可能エネルギー発電促進賦課金
    電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(以下「再生可能エネルギー特別措置法」といいます。)第36条第1項に定める賦課金をいいます。
  10. 一般送配電事業者
    電気事業法第2条第1項第9号に定める事業者で,お客さまの供給地点において託送供給等を行なう事業者をいいます。
  11. 小売電気事業者
    電気事業法第2条第1項第3号に定める事業者をいいます。
  12. 需給契約
    本約款ならびに15(需給契約書の作成)にしたがい需給契約書が作成されている場合には,需給契約書を契約の内容とする,当社とお客さまとの電気の供給に関する契約をいいます。
  13. 供給地点
    当社が,一般送配電事業者から,お客さまに電気を供給するために行なう接続供給に係る電気の供給を受ける地点をいいます。
  14. 託送供給等約款
    電気事業法第18条にもとづき経済産業大臣により認可され,一般送配電事業者が供給区域における託送供給等に係る料金その他の供給条件を定めた約款をいいます。
  15. 接続供給
    一般送配電事業者が当社から受電し,一般送配電事業者が維持および運用する供給設備を介して,同時に,その受電した場所以外の一般送配電事業者の供給区域内の場所において,当社の小売電気事業への電気の供給の用に供するための電気を当社に供給することをいいます。
  16. 接続供給契約
    当社がお客さまに電気の供給を行なうために必要となる,当社が一般送配電事業者と締結した接続供給に関する契約をいいます。
  17. 接続供給電力
    供給地点において,一般送配電事業者が当社に供給する接続供給に係る電気の電力をいいます。
  18. 接続供給電力量
    供給地点において,一般送配電事業者が当社に供給する接続供給に係る電気の電力量をいいます。

4 単位および端数処理

本約款等において料金その他を計算する場合の単位およびその端数処理は,次のとおりといたします。

  1. 契約容量の単位は,1キロボルトアンペアとし,その端数は,小数点以下第1位で四捨五入いたします。
  2. 使用電力量の単位は,1キロワット時とし,その端数は,小数点以下第1位で四捨五入いたします。ただし,30分ごとの使用電力量の単位は,最小値までといたします。
  3. 料金その他の計算における合計金額の単位は,1円とし,その端数は,切り捨てます。ただし,延滞利息については,その端数は,小数点以下第1位で四捨五入いたします。

5 電気料金プラン定義書による規定

本約款に定める事項のほか,電気料金プランに応じた電灯または小型機器をご使用のお客さまへ電気を供給するときの契約種別および契約期間等の料金その他の供給条件については,電気料金プラン定義書(以下「料金定義書」といいます。)によって定めます。

6 実施細目

本約款等の実施上必要な細目事項は,本約款等の趣旨に則り,そのつどお客さまと当社との協議によって定めます。

II 契約の申込み


7 契約の要件

お客さまには,法令で定める技術要件,その他の法令等にしたがい,かつ,一般送配電事業者の定める託送供給等約款における需要者に関する事項および託送供給等約款で定める技術要件を遵守していただきます。

8 需給契約の申込み

  1. お客さまが新たに電気の需給契約の締結を希望される場合は,あらかじめ本約款等を承認のうえ,次の事項を明らかにして,当社所定の様式により,原則として当社WEBサイトから申込みをしていただきます。
    契約種別,供給電気方式,需給地点(電気の需給が行なわれる地点をいい,本約款等で用いる供給地点を指します。),需要場所,供給電圧,契約主開閉器,契約電流,契約容量,使用開始希望日,使用期間,および料金の支払方法
  2. 契約電流および契約容量については,1年間を通じての最大の負荷を基準として,お客さまから申し出ていただきます。この場合,1年間を通じての最大の負荷を確認するため,必要に応じて使用開始希望日以降1年間の電気の使用計画を当社所定の様式により申し出ていただきます。
  3. お客さまが,転居等により当社と新たに電気の需給契約を締結される場合で,電気の需給契約の成立前に電気の使用を開始した場合は,電気の使用を開始した日を需給開始日といたします。

9 需給契約の成立

  1. 需給契約は,お客さまの申込みを当社が承諾したときに成立いたします。なお,8(需給契約の申込み)(3)の場合には電気の使用を開始した日に成立したものとみなします。ただし,一般送配電事業者との接続供給契約が整わない等の事情によるやむをえない理由によって,電気を供給できないことが明らかになった場合には,当社は,需給契約の成立の日に遡って需給契約を解約することがあります。この場合には,その理由をお知らせいたします。
  2. お客さまと当社との間で契約が成立した場合,本約款等その他当該契約に関する供給条件を記載した書面については,遅滞なく,当社WEBサイト上のお客さまのページに掲載する方法その他当社が適切と考える方法によりお客さまに交付するものとし,お客さまはこの点についてあらかじめ承諾していただきます。

10 需要場所

需要場所は,託送供給等約款に定めるところによるものといたします。

11 需給契約の単位

当社は,原則として,1需要場所について1契約種別を適用して,1需給契約を結びます。

12 供給の開始

  1. 当社は,お客さまの需給契約の申込みを承諾したときには,お客さまと協議のうえ需給開始日を定めます。その後,供給準備その他必要な手続きを経たのち,需給開始日に電気の供給を開始いたします。
  2. お客さまが他の小売電気事業者または取次事業者(以下「小売事業者等」といいます。)との需給契約を終了し,当社との需給契約に変更される場合の需給開始日は,当社がお客さまから申込みをいただいた後,当社と当該他の小売事業者等および一般送配電事業者において変更手続きが完了した日の翌日から起算して8営業日(一般送配電事業者が定める営業日をいい,以下同様といたします。)後の日の2暦日以降の日といたします。(記録型計量器を取り付けている場合は,変更手続きが完了した日の翌日から起算して1営業日後の日の2暦日以降の日といたします。)
  3. 当社は,天候,停電交渉等の事情によるやむをえない理由によって,あらかじめ定めた需給開始日に電気の供給が開始できないことが明らかになった場合には,あらためてお客さまおよび一般送配電事業者と協議のうえ,需給開始日を定めて電気を供給いたします。

13 供給の単位

当社は,原則として,1需給契約につき,1供給電気方式,1引込みおよび1計量をもって電気を供給いたします。

14 供給電気方式,供給電圧および周波数

供給電気方式,供給電圧および周波数は,託送供給等約款に定めるところによるものといたします。

15 需給契約書の作成

当社が必要とするときは,電気の需給に関する必要な事項について,需給契約書を作成いたします。

Ⅲ 料金の算定および支払い


16 料金の適用開始の時期

料金は,供給準備着手前に需給開始延期の申し入れがあった場合およびお客さまの責めとならない理由によって需給が開始されない場合を除き,需給開始日から適用いたします。

17 検針日

検針日は,託送供給等約款に定めるところによるものとし,一般送配電事業者が実際に検針を行なった日または検針を行なったものとされる日といたします。

18 料金の算定期間

料金の算定期間は,託送供給等約款に定める計量期間,検針期間または検針期間等(以下「計量期間等」といいます。)といたします。ただし,電気の供給を開始した場合は,開始日から開始日を含む計量期間等の終期までの期間を,需給契約が終了した場合は,終了日の前日を含む計量期間等の始期から終了日の前日までの期間(以下,これらの期間を総称して「日割計算対象期間」といいます。)を料金の算定期間といたします。

19 使用電力量の算定

  1. 使用電力量は,一般送配電事業者が供給地点ごとに取り付けた記録型計量器により計量された30分ごとの接続供給電力量を,料金の算定期間(ただし,需給契約が終了する場合で,特別の事情があるときは,終了日の前日を含む計量期間等の始期から終了日までの期間といたします。)において合計した値といたします。
  2. 次の場合には,当社は託送供給等約款にもとづき,一般送配電事業者との協議によって使用電力量を定めます。この場合,協議により定めた値を,計量された電力量といたします。
    1. 技術上,経済上やむをえない場合等特別の事情がある場合で,計量器を取り付けない場合
    2. 一般送配電事業者が検針を行なわなかった場合
    3. 記録型計量器の故障等によって使用電力量を正しく計量できなかった場合
  3. 当社は,検針の結果を原則として当社WEBサイト上のお客さまのページに掲載する方法によりお客さまにお知らせいたします。

20 料金の算定

  1. 料金は,基本料金,電力量料金および別表1(再生可能エネルギー発電促進賦課金)(3)によって算定された再生可能エネルギー発電促進賦課金の合計といたします。
  2. 料金は,電気の供給を開始し,または需給契約が終了した場合を除き,料金の算定期間を「1月」として算定いたします。
  3. 料金は,契約種別に応じてお客さまに適用される料金定義書に定めた料金を適用して算定いたします。また,算定後,原則として当社WEBサイト上のお客さまのページに掲載する方法によりお客さまにその請求額を通知いたします。

21 日割計算

当社は,18(料金の算定期間)ただし書きに規定する場合は,契約種別に応じてお客さまに適用される料金定義書に定めた料金にもとづき,次により料金を算定いたします。

  1. 基本料金は,次の計算式により算定いたします。
    1月の該当料金×日割計算対象期間の日数/計量期間等の日数
  2. 再生可能エネルギー発電促進賦課金は,日割計算対象期間ごとの使用電力量に応じて算定いたします。
  3. (1)および(2)によりがたい場合は,これに準じて算定いたします。

22 料金の支払義務ならびに支払期日および支払期限

  1. お客さまの料金の支払義務は,原則として当社がお客さまの料金を確定した日に発生いたします。
  2. お客さまの料金は,支払期日および支払期限までに支払っていただきます。
  3. お客さまの料金の支払期日は,次のイからニの場合を除き,支払義務発生日の翌日から起算して30日目の日といたします。ただし,24(料金その他の支払方法)(6)の場合は翌月の料金の支払期日といたします。
    1. お客さまが,振り出し,もしくは引き受けた手形または振り出した小切手が不渡りとなり,銀行取引停止処分を受けた場合
    2. お客さまが,破産,民事再生,会社更生,特別精算およびこれらに類する法的申請の申し立てを受け,または自ら申し立てを行なった場合
    3. お客さまが,強制執行または担保権の実行としての競売の申し立てを受けた場合
    4. お客さまが公租公課の滞納処分を受けた場合
  4. (3)イからニまでに該当する場合,お客さまの料金の支払期限は,次のとおりといたします。
    1. (3)イからニまでに該当する事由が発生した日までに支払義務が発生し,支払われていない料金(既に支払期限を経過している料金を除きます。)については,該当する事由が発生した日までといたします。ただし,その該当する事由が発生した日に支払義務発生日から7日を経過していない料金については,支払義務発生日の翌日から起算して7日以内といたします。
    2. (3)イからニまでに該当する事由が発生した日の翌日以降に支払義務が発生する料金については,支払義務発生日の翌日から起算して7日以内といたします。
  5. お客さまが,(3)イからニまでに該当する事由を解消された場合には,当社に申し出ていただきます。この場合,申し出た日以降に支払義務が発生する料金については,お客さまがその事由に該当しなかったものとみなします。
  6. 支払期日および支払期限が日曜日または銀行法第15条第1項に規定する政令で定める日(以下「休日」といいます。)に該当する場合には,当社は,支払期日および支払期限を翌日に延伸いたします。また,延伸した日が日曜日または休日に該当する場合は,さらに1日延伸いたします。

23 料金その他の請求

料金その他の債務に関するお客さまへの請求については,当社および当社が請求業務を委託した会社より行なわれます。

24 料金その他の支払方法

  1. 料金については毎月,工事費負担金等相当額その他についてはそのつど,当社が指定した金融機関等を通じて支払っていただきます。
    なお,料金の支払いを当社が指定した金融機関等を通じて行なう場合は,次によります。
    1. お客さまが,当社が指定しているクレジット会社との契約にもとづき,そのクレジット会社に毎月継続して料金を立替えさせる方法により当社が指定した金融機関等を通じて払い込みにより支払われる場合は,当社が指定した様式によりあらかじめ当社に申し出ていただきます。
    2. イの方法で指定した期日までにお支払いいただけなかった料金を,お客さまが当社が指定した金融機関等を通じて払い込む方法により支払われる場合には,当社が指定した様式(以下「払込票」といいます。)によるものといたします。
  2. 当社は,払込票を発行する場合は,1通につき,次の発行手数料を,発行対象月の料金に加算することによりお支払いいただきます。なお,発行手数料の金額には消費税等相当額を含みます。
    1通につき 324円
  3. (3) お客さまが料金を(1)イまたはロにより支払われる場合は,次のときに当社に対する支払いがなされたものといたします。
    1. (1)イにより支払われる場合は,原則として,料金がそのクレジット会社により当社が指定した金融機関等に払い込まれたとき。
    2. (1)ロにより支払われる場合は,料金がその金融機関等に払い込まれたとき。
  4. 当社は,(1)にかかわらず,当社が指定した,債権管理回収業に関する特別措置法にもとづく債権回収会社(以下「債権回収会社」といいます。)が指定した金融機関等を通じて,債権回収会社が指定した様式により,料金を払い込む方法により支払っていただくことがあります。この場合,(3)にかかわらず,債権回収会社が指定した金融機関等に払い込まれたときに当社に対する支払いがなされたものといたします。
  5. 料金は,支払義務の発生した順序で支払っていただきます。
  6. 1,000円を下回る料金については,当社は,(1)にかかわらず,翌月の料金とあわせて支払っていただくことがあります。
  7. 料金については,当社は,当社に特別の事情がある場合で,あらかじめお客さまの承諾を得たときには,(1)にかかわらず,当社の指定する支払期ごとに支払っていただくことがあります。

25 延滞利息

  1. お客さまが料金を支払期日および支払期限を経過してなお支払われない場合には,当社は,料金から消費税等相当額を控除した金額について,支払期日および支払期限の翌日から支払いの日までの期間の日数に応じた延滞利息を申し受けます。
  2. 延滞利息は,その算定の対象となる料金に年10パーセントの割合(閏年の日を含む期間についても,365日当たりの割合といたします。)を乗じて算定して得た金額といたします。
  3. 延滞利息は,原則として,お客さまが延滞利息の算定の対象となる料金を支払われた直後に支払義務が発生する料金とあわせて支払っていただきます。

Ⅳ 使用および供給


26 適正契約の保持

当社は,お客さまとの需給契約が電気の使用状態に比べて不適当と認められる場合には,すみやかに契約を適正なものに変更していただきます。

27 需要場所への立入りによる業務の実施

当社が本約款等にもとづく需給契約遂行上必要と認める場合,または,一般送配電事業者が託送供給等約款にもとづく業務遂行上必要と認める場合,当社または一般送配電事業者もしくはそれらの業務委託先は,お客さまの承諾を得てお客さまの土地または建物に立ち入らせていただくことがあります。この場合には,正当な理由がない限り,立ち入ることおよび業務を実施することを承諾していただきます。なお,お客さまの求めに応じ,係員は所定の証明書を提示いたします。

28 電気の使用にともなうお客さまの協力

  1. お客さまの電気の使用が,次の原因で他の電気の使用者の電気の使用を妨害し,もしくは妨害するおそれがある場合,または一般送配電事業者もしくは他の電気事業者の電気工作物に支障を及ぼし,もしくは支障を及ぼすおそれがある場合(この場合の判定は,その原因となる現象が最も著しいと認められる地点で行ないます。)には,お客さまの負担で,必要な調整装置または保護装置を需要場所に施設していただくものとし,とくに必要がある場合には,供給設備を変更し,または専用供給設備を施設して,これにより電気を使用していただきます。
    1. 負荷の特性によって各相間の負荷が著しく平衡を欠く場合
    2. 負荷の特性によって電圧または周波数が著しく変動する場合
    3. 負荷の特性によって波形に著しいひずみを生ずる場合
    4. 著しい高周波または高調波を発生する場合
    5. その他イ,ロ,ハまたはニに準ずる場合
  2. お客さまが発電設備を一般送配電事業者の供給設備に電気的に接続して使用される場合は,(1)に準ずるものといたします。
  3. 電気の供給の実施にともない,一般送配電事業者が施設または所有する供給設備の工事および維持のために必要な用地等の確保等について協力していただきます。

29 供給の停止およびその解除

  1. お客さまが次のいずれかに該当する場合には,一般送配電事業者により,そのお客さまに係る電気の供給が停止されることがあります。
    1. お客さまの責めとなる理由により生じた保安上の危険のため緊急を要する場合
    2. お客さまの需要場所内の計量器もしくは電気工作物を故意に損傷し,または亡失して,当社および一般送配電事業者に重大な損害を与えた場合
  2. お客さまが次のいずれかに該当し,当社がお客さまに対しその旨を警告しても改めない場合には,一般送配電事業者により,そのお客さまに係る電気の供給が停止されることがあります。
    1. お客さまの責めとなる理由により保安上の危険がある場合
    2. 電気工作物の改変等によって不正に電気を使用した場合
    3. 27(需要場所への立入りによる業務の実施)に反して,立入りによる業務の実施を正当な理由なく拒否した場合
    4. 28(電気の使用にともなうお客さまの協力)(1)および(2)によって必要となる措置を講じない場合
    5. その他託送供給等約款に反した場合
  3. (1)または(2)によって電気の供給が停止された場合で,お客さまがその理由となった事実を解消したときは,一般送配電事業者はすみやかに電気の供給を再開いたします。
  4. (1)または(2)によって電気の供給を停止した場合でも,その停止期間を含め,料金の算定期間を「1月」として算定した料金を申し受けます。

30 違約金

  1. お客さまが29(供給の停止およびその解除)(2)ロまたはホに該当し,そのために料金の全部または一部の支払いを免れたとして,当社が一般送配電事業者から託送供給等約款にもとづき算定された金額を違約金として求められた場合には,当社は,その違約金相当額を申し受けます。
  2. (1)の免れた金額は,本約款等に定められた供給条件にもとづいて算定された金額と,不正な使用方法にもとづいて算定された金額との差額といたします。
  3. 不正に使用した期間が確認できない場合は,6月以内で一般送配電事業者が決定した期間といたします。

31 供給の中止または使用の制限もしくは中止

  1. (1) 次の場合には,一般送配電事業者により供給時間中に電気の供給が中止され,またはお客さまによる電気の使用が制限され,もしくは中止されることがあります。
    1. 一般送配電事業者の電気工作物に故障が生じ,または故障が生ずるおそれがある場合
    2. 一般送配電事業者の電気工作物の点検,修繕,変更その他の工事上やむをえない場合
    3. 非常変災の場合
    4. その他電気の需給上または保安上必要がある場合
  2. 当社は,(1)によって,電気の供給を中止され,または電気の使用を制限され,もしくは中止された場合でも,その期間中について,電気の供給がされていたものとみなして料金を算定いたします。

32 損害賠償および債務の履行の免責

  1. 当社は,あらかじめ定めた需給開始日に電気を供給できない場合であっても,お客さまの受けた損害の賠償の責めを負いません。
  2. 29(供給の停止およびその解除)によって電気の供給が停止された場合または31(供給の中止または使用の制限もしくは中止)によって電気の供給が中止され,またはお客さまによる電気の使用が制限され,もしくは中止された場合には,当社はお客さまの受けた損害について賠償および需給契約に係る債務の履行の責めを負いません。
  3. 36(お客さまからの申し出による需給契約の終了)または37(当社からの解除・解約等)によって需給契約を終了した場合もしくは需給契約を解約した場合には,当社はお客さまの受けた損害について賠償の責めを負いません。
  4. 当社は,お客さまが漏電その他の事故により受けた損害について賠償の責めを負いません。ただし,当社の責めとなる理由による場合は,この限りではありません。
  5. 天候,天災,伝染病,戦争,暴動,労働争議等不可抗力によってお客さままたは当社が損害を受けた場合,当社またはお客さまはその損害について賠償の責めを負いません。
  6. 当社は,一般送配電事業者の責めとなる理由によりお客さまの受けた損害について,賠償の責めを負いません。

33 設備の賠償

お客さまが故意または過失によって,その需要場所内の一般送配電事業者の電気工作物,電気機器その他の設備を損傷し,または亡失したことにより,当社が一般送配電事業者から賠償の請求を受けた場合は,当社は,その賠償に要する金額をお客さまに支払っていただきます。

Ⅴ 契約の変更および終了


34 需給契約の変更

  1. お客さまが電気の需給契約の変更を希望される場合は,II(契約の申込み)に定める新たに電気の需給契約を希望される場合に準ずるものといたします。
  2. 電気の需給契約の変更にともない,当社がお客さまに対し,供給条件の説明,契約締結前の書面交付および契約締結後の書面交付を行なう場合は,2(約款等の変更)(3)に準じます。

35 名義の変更

相続その他の原因によって,新たなお客さまが,それまで電気の供給を受けていたお客さまの当社に対する電気の使用についてのすべての権利義務を受け継ぎ,引き続き電気の使用を希望される場合は,名義変更の手続きを行なっていただきます。この場合には,原則としてインターネットを利用する方法により申し出ていただきます。

36 お客さまからの申し出による需給契約の終了

  1. お客さまが電気の使用を終了しようとされる場合は,あらかじめその終了期日を定めて,当社に通知していただきます。ただし,お客さまが当社に通知をせず,他の小売事業者等に需給契約の申込みを行なったことによって,電力広域的運営推進機関から当社に終了期日の通知がなされた場合,当該通知をもってお客さまの終了通知として取り扱います。 当社は,原則として,お客さまから当社に通知がされた終了期日,または電力広域的運営推進機関から当社に通知がされた終了期日に,一般送配電事業者の供給設備またはお客さまの電気設備において,供給を終了させるための適当な処置を行ないます。なお,この場合には,必要に応じてお客さまに協力をしていただきます。
  2. 需給契約は,37(当社からの解除・解約等)および次の場合を除き,お客さまが当社に通知された終了期日,または電力広域的運営推進機関から当社に通知がされた終了期日に終了いたします。
    1. 当社がお客さまの終了通知を終了期日の翌日以降に受けた場合は,通知を受けた日に需給契約が終了したものといたします。
    2. 当社の責めとならない理由(非常変災等の場合を除きます。)により一般送配電事業者が需給を終了させるための処置ができない場合は,需給契約は需給を終了させるための処置が可能となった日に終了するものといたします。
  3. 37(当社からの解除・解約等)によって,当社が需給契約を解約した場合は,解約日に需給契約は終了するものといたします。

37 当社からの解除・解約等

  1. お客さまが,次のいずれかに該当する場合には,当社はお客さまとの需給契約を解除することができるものとし,当該解除によって,お客さまは当社に対して負担する一切の債務につき期限の利益を失うものとし,ただちに債務の全額を一括弁済するものといたします。この場合,当社は,あらかじめその旨を原則としてインターネットを利用する方法によりお客さまにお知らせいたします。
    1. 29(供給の停止およびその解除)(1)または(2)によって電気の供給が停止される場合に該当することが明らかになった場合
    2. 料金の支払期日および支払期限を経過してなお支払われない場合
    3. 他の需給契約(既に終了しているものを含みます。)の料金を支払期日および支払期限を経過してなお支払われない場合
    4. お客さまが本約款等によって支払いを要することとなった料金以外の債務(違約金,工事費負担金等相当額,その他本約款等から生ずる金銭債務をいいます。)を支払われない場合
    5. お客さまがその他本約款等に反した場合
    6. 差押もしくは競売または滞納処分を受けた場合
    7. 破産,民事再生その他の法的倒産手続の申し立てを受けたとき,または自らこれらの法的倒産手続の申し立てをなした場合
  2. (1)にかかわらず,当社が,小売電気事業の継続が困難と認められる事情が生じたことにより当該小売電気事業を廃止する場合,当社はお客さまとの需給契約を解除することができるものといたします。この場合,当社はあらかじめお客さまにその旨を当社WEBサイト上に掲載する方法その他当社が適切と考える方法により周知するものといたします。
  3. (1)または(2)にかかわらず,お客さまが,36(お客さまからの申し出による需給契約の終了)(1)による通知をされないで,その需要場所から移転され,電気を使用されていないことが明らかな場合には,当社が需給を終了させるための処置を行なった日に需給契約は終了するものといたします。

38 需給契約終了後の債権債務関係

需給契約期間中の料金その他の債権債務は,需給契約の終了によっては消滅いたしません。

Ⅵ 供給方法,工事および工事費の負担


39 供給方法および工事

一般送配電事業者が維持および運用する供給設備を介してお客さまが電気の供給を受ける場合の供給の方法および工事については,託送供給等約款に定めるところによるものといたします。

40 工事費負担金等相当額の申受け等

  1. 一般送配電事業者から,託送供給等約款にもとづき,お客さまへの電気の供給にともなう工事等に係る工事費負担金,費用の実費または実費相当額等の請求を受けた場合は,当社は,請求を受けた金額に相当する金額を工事費負担金等相当額として原則として工事着手前に申し受けます。
  2. 一般送配電事業者から,工事完成後,当該工事費負担金等相当額に係る工事費負担金の精算を受けた場合は,当社は,工事費負担金等相当額をすみやかに精算するものといたします。
  3. 託送供給等約款にもとづき当社の負担で施設し,または取り付けることとされている設備等については,原則としてお客さまの負担で施設し,または取り付けていただきます。

Ⅶ 調査および保安に対するお客さまの協力

41 調査に対するお客さまの協力

お客さまが電気工作物の変更の工事を行なった場合には,その工事が完成したとき,すみやかにその旨を一般送配電事業者または経済産業大臣の登録を受けた登録調査機関に通知していただきます。

42 保安に対するお客さまの協力

  1. 次の場合には,お客さまからすみやかにその旨を一般送配電事業者に通知していただきます。この場合には,一般送配電事業者は,ただちに適当な処置をいたします。
    1. お客さまが,その需要場所内の一般送配電事業者の電気工作物に異状もしくは故障があり,または異状もしくは故障が生ずるおそれがあると認めた場合
    2. お客さまが,お客さまの電気工作物に異状もしくは故障があり,または異状もしくは故障が生ずるおそれがあり,それが一般送配電事業者の供給設備に影響を及ぼすおそれがあると認めた場合
  2. お客さまが一般送配電事業者の供給設備に直接影響を及ぼすような物件(発電設備を含みます。)の設置,変更または修繕工事をされる場合は,あらかじめその内容を一般送配電事業者に通知していただきます。また,物件の設置,変更または修繕工事をされた後,その物件が一般送配電事業者の供給設備に直接影響を及ぼすこととなった場合には,すみやかにその内容を一般送配電事業者に通知していただきます。これらの場合において,保安上とくに必要があるときには,一般送配電事業者は,お客さまにその内容の変更をしていただくことがあります。

Ⅷ その他


43 反社会的勢力の排除

  1. お客さまには,需給契約の締結時点および将来にわたって,次のいずれにも該当しないことを表明し保証していただきます。
    1. 暴力団員(暴力団(その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含みます。)が集団的に,または常習的に暴力的不法行為等を行なうことを助長するおそれがある団体をいいます。)の構成員をいいます。)
    2. 暴力団準構成員(暴力団員以外の暴力団との関係を有する者であって,暴力団の威力を背景に暴力的不法行為等を行なうおそれがある者,または暴力団もしくは暴力団員に対し資金,武器等の供給を行なう等暴力団の維持もしくは運営に協力し,もしくは関与する者をいいます。)
    3. 暴力団関係企業の構成員(暴力団員が実質的にその経営に関与している企業,準構成員もしくは元暴力団員が経営する企業で暴力団に資金提供を行なう等暴力団の維持もしくは運営に協力もしくは関与する企業または業務の遂行等において積極的に暴力団を利用し暴力団の維持もしくは運営に協力している企業の構成員をいいます。)
    4. 総会屋等(総会屋,会社ゴロ等企業等を対象に不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行なうおそれがあり,市民生活の安全に脅威を与える者をいいます。)
    5. 社会運動等標榜ゴロ(社会運動もしくは政治活動を仮装し,または標榜して,不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行なうおそれがあり,市民社会の安全に脅威を与える者をいいます。)
    6. 特殊知能暴力集団等(イ,ロ,ハ,ニまたはホに掲げる者以外の,暴力団との関係を背景に,その威力を用い,または暴力団との資金的なつながりを有し,構造的な不正の中核となっている者をいいます。)
    7. その他イ,ロ,ハ,ニ,ホまたはへに準ずる者
  2. 当社は,お客さまが(1)に違反していることが判明した場合,またはお客さまが(1)に違反している疑いがあると認めた場合は,いかなる損害の補償も要せず,37(当社からの解除・解約等)(1)の規定にしたがい,需給契約を解除いたします。

44 準拠法

本約款等に関する権利義務は,日本法に準拠し,これにしたがって解釈されるものといたします。

45 管轄裁判所

本約款等または需給契約について紛争が生じた場合の第一審の専属的合意管轄裁判所は,これを東京地方裁判所といたします。

46 信用情報の共有

当社は,お客さまが37(当社からの解除・解約等)(1)ロ,ハまたはニに該当する場合には,当該需給契約に係る名義,需要場所および料金の支払状況等について,他の小売事業者等に提供することがあります。

附 則 (実施期日)


本約款は,平成30年7月1日から実施いたします。

別 表


1 再生可能エネルギー発電促進賦課金

  1. 再生可能エネルギー発電促進賦課金単価
    再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は,再生可能エネルギー特別措置法第36条第2項に定める納付金単価に相当する金額とし,電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法第32条第2項の規定に基づき納付金単価を定める告示(以下「納付金単価を定める告示」といいます。)および回避可能費用単価等を定める告示により定めます。 なお,当社は,再生可能エネルギー発電促進賦課金単価をあらかじめお知らせいたします。
  2. 再生可能エネルギー発電促進賦課金単価の適用
    (1)に定める再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は,当該再生可能エネルギー発電促進賦課金単価に係る納付金単価を定める告示がなされた年の5月分の料金に係る計量期間等の始期から翌年の4月分の料金に係る計量期間等の終期までの期間に使用される電気に適用いたします。
  3. 再生可能エネルギー発電促進賦課金の算定
    再生可能エネルギー発電促進賦課金は,その1月の使用電力量に(1)に定める再生可能エネルギー発電促進賦課金単価を適用して算定いたします。なお,再生可能エネルギー発電促進賦課金の計算における合計金額の単位は,1円とし,その端数は,切り捨てます。

電気料金プラン定義書


平成30年7月1日実施
TRENDE株式会社

電気料金プラン定義書[あしたでんき](以下「本定義書」といいます。)は,当社の電気需給約款[低圧](以下「需給約款」といいます。)にもとづき,電灯または小型機器をご使用のお客さまへ電気を供給するときの契約種別および契約期間等の料金その他の供給条件を定めたものです。また,本定義書は,電気事業法第2条第1項第8号イに定める離島を除く,別表3で定める提供エリアに適用いたします。
なお,本定義書に定める料金および燃料費調整における基準単価の金額は,すべて消費税等相当額を含みます。
また,本定義書に定めのない事項については,需給約款の定めによるものといたします。

1 定義

  1. 貿易統計
    関税法にもとづき公表される統計をいいます。
  2. 平均燃料価格算定期間
    貿易統計の輸入品の数量および価額の値にもとづき平均燃料価格を計算する場合の期間とし,毎年1月1日から3月31日までの期間,2月1日から4月30日までの期間,3月1日から5月31日までの期間,4月1日から6月30日までの期間,5月1日から7月31日までの期間,6月1日から8月31日までの期間,7月1日から9月30日までの期間,8月1日から10月31日までの期間,9月1日から11月30日までの期間,10月1日から12月31日までの期間,11月1日から翌年の1月31日までの期間または12月1日から翌年の2月28日までの期間(翌年が閏年となる場合は,翌年の2月29日までの期間といたします。)をいいます。

2 適用条件

  1. 東北電力エリア,東京電力エリア,中部電力エリア,九州電力エリアの場合
    電灯または小型機器を使用する需要で,次のいずれにも該当するものに適用いたします。
    1. 契約電流が10アンぺア以上であり,かつ,60アンぺア以下であること
    2. 1需要場所において,動力を使用する需要に適用する他の電気料金プランとあわせて契約する場合は,契約電流と契約電力との合計(10アンペアを1キロワットとみなします。)が原則として50キロワット未満であること
  2. 関西電力エリア,中国電力エリアの場合
    電灯または小型機器を使用する需要で,次のいずれにも該当するものに適用いたします。
    1. 使用する最大容量(以下「最大需要容量」といいます。)が6キロボルトアンぺア未満であること
    2. 1需要場所において,動力を使用する需要に適用する他の電気料金プランとあわせて契約する場合は,最大需要容量と契約電力との合計(1キロボルトアンペアを1キロワットとみなします。)が原則として50キロワット未満であること

3 契約電流または最大需要容量

  1. 東北電力エリア,東京電力エリア,中部電力エリア,九州電力エリアの場合
    1. 契約電流は,10アンぺア,15アンぺア,20アンぺア,30アンぺア,40アンぺア,50アンぺア,60アンペアのいずれかとし,お客さまの申し出によって定めます。ただし,他の小売事業者等から当社へ契約を切り替える場合は,原則として,他の小売事業者等との契約終了時点の契約電流の値を引き継ぐものといたします。
    2. 一般送配電事業者は,契約電流に応じて,電流制限器その他の適当な装置または電流を制限する計量器を取り付けることがあります。
  2. 関西電力エリア,中国電力エリアの場合
    最大需要容量が6キロボルトアンペア未満であることの決定は,負荷の実情に応じてお客さまと当社との協議によって行ないます。ただし,他の小売事業者等から当社へ契約を切り替える場合は,原則として,他の小売事業者等との契約終了時点における最大需要容量が6キロボルトアンペア未満であることの決定を引き継ぐものといたします。

4 契約種別

契約種別は,次のとおりといたします。
標準プラン
たっぷりプラン

5 電気料金

  1. 基本料金
    基本料金は別表1(電気料金単価)のとおりといたします。
  2. 電力量料金
    電力量料金は,その1月の使用電力量によって算定いたします。ただし,燃料費調整単価が別表2(燃料費調整)(1)ロ(イ)によって算定される場合は,別表2(燃料費調整)(1)ニによって算定された燃料費調整額を差し引いたものとし,燃料費調整単価が別表2(燃料費調整)(1)ロ(ロ)によって算定される場合は,別表2(燃料費調整)(1)ニによって算定された燃料費調整額を加えたものといたします。なお,電力量料金単価は,別表1(電気料金単価)のとおりといたします。

6 契約期間

  1. 契約期間は,需給約款 9(需給契約の成立)に定める需給契約が成立した日から,需給約款 12(供給の開始)に定める料金適用開始の日以降1年目の日までといたします。
  2. 契約期間満了に先だってお客さままたは当社から別段の意思表示がない場合は,需給契約は,契約期間満了後も1年ごとに同一条件で継続されるものといたします。この場合,当社は,更新前に契約更新後の契約期間のみを書面を交付することなく説明すること,および,更新後に当社の名称および住所,変更年月日ならびに供給地点特定番号を当社WEBサイト上のお客さまのページに掲載する方法その他当社が適切と考える方法によりお知らせすることについて,あらかじめ承諾していただきます。

7 契約種別および契約電流の変更

  1. 当社が,お客さまからの契約種別および契約電流の変更の申込みを承諾した場合には,変更後の契約種別および契約電流にもとづく料金の適用開始日は,変更を承諾したのちに到来する計量期間等の始期といたします。
  2. 契約期間満了に先立って,本定義書以外の契約種別に需給契約を変更することはできません。また,本定義書の契約種別から本定義書以外の契約種別に需給契約を変更された後1年に満たないお客さまについては,本定義書の契約種別を適用いたしません。
  3. お客さまは,やむをえない場合を除き,お客さまが契約電流を新たに設定もしくは変更したのちに到来する計量期間等の始期から1年目の日が属する月の計量期間等の始期まで,契約電流を変更することはできません。
  4. 契約種別および契約電流の変更にともない,当社がお客さまに対し,供給条件の説明, 契約締結前の書面交付および契約締結後の書面交付を行なう場合は,需給約款34(需給契約の変更)(2)によります。

8 本定義書の変更および廃止

  1. 当社は,本定義書を変更する場合には,需給約款2(約款等の変更)によります。
  2. 当社は,本定義書を廃止することがあります。この場合,当社はあらかじめ廃止のお知らせおよび廃止日を当社WEBサイト上に掲載する方法その他当社が適切と考える方法により周知いたします。
  3. 本定義書の廃止にともない,当社がお客さまに対し,供給条件の説明,契約締結前の書面交付および契約締結後の書面交付を行なう場合は,需給約款2(約款等の変更)(3)に準じます。

附 則


1 実施期日

本定義書は,平成 30 年 7 月 1 日より実施いたします。

2 本定義書の実施にともなう切替措置

本定義書の実施日を含む計量期間等の料金については,平成 30 年 4 月 1日を実施日とする電気料金プラン定義書[あしたでんき]にもとづき,料金を算定いたします。
なお,本定義書にもとづく料金の適用開始日は,本定義書の実施日以降に到来する計量期間等の始期といたします。

別 表


1 電気料金単価

基本料金,電力量料金単価は,次のとおりといたします。

  1. 標準プラン
    基本料金 電力量料金単価
    東北電力エリア 1契約につき 0円 1キロワット時につき 25.50円
    東京電力エリア 1契約につき 0円 1キロワット時につき 25.50円
    中部電力エリア 1契約につき 0円 1キロワット時につき 25.50円
    関西電力エリア 1契約につき 0円 1キロワット時につき 21.50円
    中国電力エリア 1契約につき 0円 1キロワット時につき 23.50円
    九州電力エリア 1契約につき 0円 1キロワット時につき 22.50円
  2. たっぷりプラン
    基本料金 電力量料金単価
    東北電力エリア 1契約につき 3,000円 1キロワット時につき 21.00円
    東京電力エリア 1契約につき 3,000円 1キロワット時につき 21.00円
    中部電力エリア 1契約につき 3,000円 1キロワット時につき 21.00円
    関西電力エリア 1契約につき 3,000円 1キロワット時につき 17.00円
    中国電力エリア 1契約につき 3,000円 1キロワット時につき 19.00円
    九州電力エリア 1契約につき 3,000円 1キロワット時につき 18.00円

2 燃料費調整

  1. 燃料費調整額の算定
    1. 平均燃料価格
      原油換算値1キロリットル当たりの平均燃料価格は,貿易統計の輸入品の数量および価額の値にもとづき,次の算式によって算定された値といたします。 なお,平均燃料価格は,100円単位とし,100円未満の端数は,10円の位で四捨五入いたします。
      平均燃料価格=A×α+B×β+C×γ
      A=各平均燃料価格算定期間における1キロリットル当たりの平均原油価格
      B=各平均燃料価格算定期間における1トン当たりの平均液化天然ガス価格
      C=各平均燃料価格算定期間における1トン当たりの平均石炭価格
      α,β,γは,次のとおりといたします。
      α β γ
      東北電力エリア 0.1152 0.2714 0.7386
      東京電力エリア 0.1970 0.4435 0.2512
      中部電力エリア 0.0275 0.4792 0.4275
      関西電力エリア 0.0140 0.3483 0.7227
      中国電力エリア 0.1543 0.1322 0.9761
      九州電力エリア 0.1490 0.2575 0.7179
      なお,各平均燃料価格算定期間における1キロリットル当たりの平均原油価格,1トン当たりの平均液化天然ガス価格および1トン当たりの平均石炭価格の単位は,1円とし,その端数は,小数点以下第1位で四捨五入いたします。
    2. 燃料費調整単価
      燃料費調整単価は,各契約種別ごとに次の算式によって算定された値といたします。 なお,燃料費調整単価の単位は,1銭とし,その端数は,小数点以下第1位で四捨五入いたします。
      1. 1キロリットル当たりの平均燃料価格が(ハ)基準燃料価格を下回る場合
        燃料費調整単価=(基準燃料価格-平均燃料価格)×(2)の基準単価/1,000
      2. 1キロリットル当たりの平均燃料価格が(ハ)基準燃料価格を上回る場合
        燃料費調整単価=(平均燃料価格-基準燃料価格)×(2)の基準単価/1,000 ただし,1キロリットル当たりの平均燃料価格が(ハ)上限価格を上回る場合には,平均燃料価格は,(ハ)上限価格といたします。
      3. 基準燃料価格,上限価格は次のとおりといたします。
        基準燃料価格 上限価格
        東北電力エリア 31,400円 47,100円
        東京電力エリア 44,200円 66,300円
        中部電力エリア 45,900円 68,900円
        関西電力エリア 27,100円 40,700円
        中国電力エリア 26,000円 39,000円
        九州電力エリア 33,500円 50,300円
    3. 燃料費調整単価の適用
      各平均燃料価格算定期間の平均燃料価格によって算定された燃料費調整単価は,その平均燃料価格算定期間に対応する燃料費調整単価適用期間に使用される電気に適用いたします。
      なお,各平均燃料価格算定期間に対応する燃料費調整単価適用期間は,次のとおりといたします。
      平均燃料価格算定期間 燃料費調整単価適用期間
      毎年 1月1日から 3月31日までの期間 その年の 6月の料金に係る計量期間等
      毎年 2月1日から 4月30日までの期間 その年の 7月の料金に係る計量期間等
      毎年 3月1日から 5月31日までの期間 その年の 8月の料金に係る計量期間等
      毎年 4月1日から 6月30日までの期間 その年の 9月の料金に係る計量期間等
      毎年 5月1日から 7月31日までの期間 その年の10月の料金に係る計量期間等
      毎年 6月1日から 8月31日までの期間 その年の11月の料金に係る計量期間等
      毎年 7月1日から 9月30日までの期間 その年の12月の料金に係る計量期間等
      毎年 8月1日から10月31日までの期間 翌年の 1月の料金に係る計量期間等
      毎年 9月1日から11月30日までの期間 翌年の 2月の料金に係る計量期間等
      毎年10月1日から12月31日までの期間 翌年の 3月の料金に係る計量期間等
      毎年11月1日から翌年の 1月31日までの期間 翌年の 4月の料金に係る計量期間等
      毎年12月1日から翌年の 2月28日までの期間
      (翌年が閏年となる場合は,翌年の 2月29日までの期間)
      翌年の 5月の料金に係る計量期間等
    4. 燃料費調整額
      燃料費調整額は,その 1 月の使用電力量にロによって算定された燃料費調整単価を適用して算定いたします。
  2. 基準単価
    基準単価は,平均燃料価格が1,000円変動した場合の値とし,次のとおりといたします。
    東北電力エリア 1 キロワット時につき 0.217円
    東京電力エリア 1 キロワット時につき 0.228円
    中部電力エリア 1 キロワット時につき 0.229円
    関西電力エリア 1 キロワット時につき 0.162円
    中国電力エリア 1 キロワット時につき 0.241円
    九州電力エリア 1 キロワット時につき 0.176円

3 提供エリア

東北電力エリア 青森県,岩手県,秋田県,宮城県,山形県,福島県,新潟県
東京電力エリア 栃木県,群馬県,茨城県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川 県,山梨県,静岡県(富士川以東)
中部電力エリア 愛知県,岐阜県(一部を除きます。),三重県(一部を除きます。) ,静岡県(富士川以西),長野県
関西電力エリア 滋賀県,京都府,大阪府,奈良県,和歌山県,兵庫県(一部を除きます。),福井県の一部,岐阜県の一部,三重県の一部
中国電力エリア 鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,兵庫県の一部,香川県の一部,愛媛県の一部
九州電力エリア 福岡県,佐賀県,長崎県,大分県,熊本県,宮崎県,鹿児島県